HOME『日仏社会学会年報』>第22号

日仏社会学会年報

第22号 (2011年)

《特集》 日仏学術シンポジウム社会学部門
  • 「グローバル化時代における新たな文化の生成―文化的多様性の理解と平和の構築」 荻野昌弘 pp.1-6

〈グローバリゼーションと単一文化〉

  •  「グローバリゼーションに直面する人類学」 マルク・アベレス(翻訳)磯直樹 pp.7-26
  •  「実存としての消費」 荻野昌弘 pp.27-38
  •  「文化のハイブリッド性(記号の伝播)」 アンリ=ピエール・ジュディ(翻訳)田畠祐実子pp.39-53

〈文化的コミュニケーションの新たな様式〉》

  •  「文化的実践としてのアニメ」 雪村まゆみpp.55-64
  •  「アニメ文化の受容―『アニメ聖地巡礼』」 清水強志・佐藤和雄 pp.65-82
  •  「産業遺産と文化のグローバル化―九州・三池炭鉱の事例から」 松浦雄介 pp.83-103
  •  「文化遺産の三要素―日本の事例より」 小川伸彦 pp.105-119

〈文化の喧騒〉

  •  「家族と暴力」 近藤理恵 pp.121-133
  •  「象徴的暴力」 パトリック・ボードリー(翻訳)磯直樹 pp.135-149
  •  「暴力と贈与」 岡崎宏樹 pp.151-165
  •  「信頼」 パトリック・ヴァティエ (翻訳)田畠祐実子 pp.167-188

〈文化の変貌?〉

  •  「日本における新しい死の文化」 嶋根克己  pp.189-205
  •  「遺産化の論理―考古学と歴史のリアリティ」 山泰幸 pp.207-230
  •  「神話、ミトロジー、もしくは幻影?」 マリア=クラウディア・ギャレラ (翻訳)田畠祐実子 pp.231-249
  •  「文化・トランスカルチャー性・クレオール化」 エレーヌ・クロンベール (翻訳)田畠祐実子 pp.251-257

〈日仏コロークプログラム・アンケート結果〉 pp.259-269

発行日:2012年3月20日